さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

面接の失敗談

面接準備ないまま本番

投稿日:2016年10月5日 更新日:

仕事の業界は?

地方中小企業 広告会社 営業職

どうして失敗したのか?

専門学生時に地元で安定企業と言われた広告会社があり、志望動機として「なんとなく・・・」と適当な気持ちで応募をしました。

はっきりと言った失敗理由は、圧倒的な情報準備不足です。これに限ります。まず応募理由がなんとなくということで必死に適当な志望動機を模索しました。まず、どんな企業で・・企業経歴は・・・どんな取引先にどんなものを提供しているか・・・ということを一切考えず、どこの広告会社でもよかったと聞こえてくるようなざっくばらんな志望動機とRP不足の面接対応・受答えをした結果でした。

今ならどうする?

まず、上場企業であるならば株主総会の決算報告書をネット閲覧で一通り目を通し、前期の結果と今期の目標・・今後のビジョンを把握します。

それら見て、じゃぁ自分自身がこの会社でヒットすることは何だろう。簡単に今後のビジョンはさらにマーケティングの拡大ならば、私の持ち味は社交性に富んだコミュニケ力と積極的性で・・・であったり、実は今後のビジョンに記載してありました内容でぜひ恐縮ながら企画書がございます。といった様に明朗かつ現実的な話をすればよかったと感じます。

面接というのは、最低限の社会的コミュニケーション能力が問われる場面であり、コミュニケーション能力はどんな仕事であっても最終的に人間と関わる仕事においては不可避スキルです。

転職を目指している人アドバイス

面接というのは、最低限の社会的コミュニケーション能力が問われる場面であり、コミュニケーション能力はどんな仕事であっても最終的に人間と関わる仕事においては不可避スキルです。

私は最終的に県外の大手へと就職することになるのですが、一度面接RP中の動画を復習用に取り鑑賞したところ、あまりの自分の折衝力のなさに言葉を失いました。もうちょっと自分のイメージが美化されていたため、唖然の一言。

そこからのひたすらRPです。志望動機なんて正直なんでもいい。

ただ単に、ここで私が働くのは御社にとって社会にとって有益ですと告げればいいからです。

-面接の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.