さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

面接の失敗談

面接会場を間違えてしまって不採用

投稿日:2016年12月2日 更新日:

失敗した面接の会社の業界

建設業界です。

失敗した面接の概要

面接場所を間違えてしまいました。
その時、求人概要に掲載されていた住所に行ったつもりでしたが、面接会場はどうも違うらしく、用意されていた面接専用の会場で行っているということでした。
間違えて行ってしまった場所で、面接の住所を聞いてそこから行くことになりましたが、本来の面接の場所の地図も何も予習していなかったので、会社の方が地図を書いてくれて、その道順通りに行くことになりました。
さらに、間違えて行ってしまった会社で私の対応をしてくれた方が、本来の面接会場へ連絡をしてくれて、一人こちらに見えていますが面接ってそちらですよね?という確認までしていただいて、出鼻をくじいてしまった私はもうだめかもと覚悟しました。
歩いていける距離ではありましたが、そんな状況で走って行けば面接会場では息切れ状態です。
苦戦を強いられた面接になってしまいました。着いた頃には、面接官は苦笑いをしていました。結果は不採用でした。

失敗した理由

求人概要の応募必須スキルと仕事内容や待遇、就業場所ばかりに気を取られてしまって、面接イコール会社でやるものという先入観から、面接会場の備考欄をしっかりとチェックしなかったことが敗因です。求人掲載内容は隅々までしっかりと確認することが大切だとこの大失敗から学習しました。

今であればどうするか

仕事内容や給与に就業場所などは当然くまなく見るものですが、だからといって目先のことばかりに気を取られないようにします。
自分が応募要件を満たしているかも真っ先に見るものですが、何よりも肝心の面接場所という基本的なことの確認は社会人として怠らないようにします。求人掲載内容によっては、枠の都合上、大事なことが端の目立たない場所に掲載されていることもあるからです。

・転職を成功させるために必要なこと
こんな失敗をすれば、この人は本当にやる気があるのだろうか? とか、入社したらとんでもない間違いをするのでは、と最初から思われても仕方ない失敗になりかねないことは最初から避けます。これは準備次第で防げることなので、落ち着いて面接会場から応募方法など基本的なことをしっかり確認します。私の場合は、面接場所を間違える時点で、確認事項を怠る人間という評価をされても当然のことを自らやってしまいました。その時点で不利になります。それでもこのことをフォローできるほどの高いスキルがあるとか、何らかの秀でているものがあるのならまだしも、面接の練習もまともにしていなかったので何もカバーできませんでした。逆から言えば、面接の対策をしていないからこそこういう無様なことをやらかしているので、転職成功のためには、働きたいという前向きな姿勢の上で準備を整えることが大切だと感じました。やる気がないからこそ、準備不足になっているという言い方もできるからです。

-面接の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2017 AllRights Reserved.