さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

面接の失敗談

雑談と企業説明で担当者と盛り上がりすぎて時間がなくなり、結局面接ができなかった。

投稿日:2016年12月2日 更新日:

仕事の業界は?

サービス業⇒IT

どうして失敗したのか?

面接に伺ったのはIT企業で、軽く企業説明をした後に面接を行う、という予定でした。
とても丁寧な担当者の方で、私がIT未経験であることを考慮し、業界の仕組みから企業説明までかなり詳しく話してくださいました。私と波長の合う方だったこともあり、雑談でも盛り上がっているうちに、気づいたときには企業説明が終わった時点で、予定面接終了時間まで過ぎていました。
元々志望度合いは低い企業でしたが、説明を聞いた時点で私の中での志望度合いは上がっていたため、面接も絶対にお願いしたいと思っていました。
しかし、当時第一志望としていた企業の面接を直後に予定していたので、もう向かわなければならない時間となってしまい途方にくれました。
結局正直に事情を話し、面接は改めて別の日程で調整していただきました。熱意を持って説明して下さった担当者の方への申し訳なさと、他の企業を優先するという失礼な行為によって採用において不利になる可能性もあると思い、落ち込みました。

今ならどうする?

予定通りいかない可能性を考慮し、余裕を持ってスケジュールを組みます。
またどうしても過密スケジュールになってしまった場合は、面接中も時間を意識することが大切だと思います。

転職を目指している人アドバイス

スケジュール管理は基本ではありますが、在職しながらの転職活動は時間が限られていることもあり、過密スケジュールになりがちなので、注意が必要だと思います。
スケジュールをたてる上で大切なのは、優先順位をつけることです。
志望度合いによって優先順位を決めて、極力それに沿って面接予定を立てるべきです。優先度合の低い企業の場合は、こちらの都合に合わせてもらうお願いをする勇気が必要なときもあります。
また、今回の例のように募集をみたときは志望度が低くても、実際に会社に伺い話をしてみると印象が変わる、ということは何度もありました。
そのため忙しいスケジュールの中ではありますが、求人を見るだけではなく、実際に会社に伺い話を聞いた上で判断することが、自分と合う会社に出会うためには、大切なことだと思います。

-面接の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.