さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

自分の能力を過大評価してしまった

投稿日:2016年12月1日 更新日:

仕事の業界は?

転職前は事務として働いていました。
主に社内の人と連携して企画をしたり、決まりを作ったりする部署でした。しかし仕事をしていくうちに、自分は人と関わるのが好きだから、営業のほうが向いているのではないかと思いました。
また、メーカーよりも自分の力や信頼力を試せる金融で勝負したいなと思い始めました。
そこで、メーカー事務⇒金融営業へ転職することにしました。

どうして失敗したのか?

転職時の面接では、自分は人と連携して、1つのことを推進することが得意だと話しました。
また社内の人を相手にするのではなく、会社のお客さまを相手にしたいと話しました。しかし実際に営業に出てみると、一筋縄でいかないことばかりでした。営業事務はできるが、営業はあまりできないと周りの人に思われてしまいました。
やはり、人相手の仕事だと自分の努力だけでは賄えないところもあるのだと痛感しました。

今ならどうする?

今であれば、やめずに事務を続けているか、もう一度事務職に転職すると思います。しかし、自分に向いていないから、うまくいかないからという理由でやめてしまうのはもったいないと思うので、しばらくこのまま頑張ろうと思います。

転職を目指している人アドバイス

自分には絶対にしたい仕事があるという決意があるのであれば転職すればいいと思います。今の仕事が物足りなく、もっと自分はできるのではないかというときは、まず今の会社でステップアップしてもいいと思います。
その理由としては、会社は一度やめてしまうと、もう二度と戻ることはできないからです。また、転職先がどういうところなのか、自分の思い通りの職場なのかもしっかり見極めるべきです。初めのほうは一人前になるまで、なかなか何もやらせてくれないところもあります。また希望通りの部署に行けるかもわからない場合があるからです。また転職が決まったら、現在の仕事の引継ぎもしっかり行わないといけません。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.