さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

面接の失敗談

私服で行ってしまった面接

投稿日:2016年10月1日 更新日:

仕事の業界は?

仕事は求人広告の事務職からWEBデザイナーに転職をしました。昔からデザインに興味があり、最近WEBについても関心があったためWEB業界で働いていこうと決心をしたのです。

どうして失敗したのか?

デザイン業界はスーツで仕事をするというよりも私服で自分の個性を出しつつ自由に仕事をするということが多いと聞きました。そして実際に面接の場でも私服での面接でいい企業が多く、失敗した面接でも私服でいきました。

私服は自分の個性が出るように転職活動の面接とは思えない少し奇抜なしかし自分らしい服装で勝負をしに行きました。しかし面接をした企業はかなりお堅い企業で面接官は全員スーツだったのです。様子がおかしいと思いながらも面接が始まると面接官が一言「面接の当日の服装を読んでいないよね?」と言われました。なんとこの企業だけスーツ着用を義務付けていたのです。

面接は一応してくれたのですが結果は当然落ちました。それなりにいきたい企業でもあったので当日の私の注意不足は今でも少し後悔しています。

今ならどうする?

今なら面接の当日でも最終確認という意味で面接の持ち物、服装などをしっかりと確認をするでしょう。実際その失敗以降、面接に行く当日には必ず面接の注意事項を読むようにしていました。また他の企業が同じだからといって同じように面接に臨むこともやめて一社一社の特徴をしっかりと研究して面接に臨むべきだったと思います。

転職を目指している人アドバイス

転職をする際気をつけて欲しいのが企業によって注意しなければならない事項が結構あるということです。今回のように企業によってはスーツを必ず着用のところもありますし、その逆で私服でくるよう指定されることもあるかもしれません。

同じ業界だからとすべての企業が同じと思い込みをせずに一社一社の特徴をしっかりと研究して面接に臨みましょう。そうすることで転職が成功する確率も高くなると思います。

-面接の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.