さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

焦って希望しない仕事に就いてしまった

投稿日:2016年9月29日 更新日:

仕事の業界は?

デザイン系デスクワーク→倉庫作業

どうして失敗したのか?

前職は仕事の内容は気にいっていたのですが、給料がかなり安くてそれだけでは生活していくのが困難だったこともあり、次の仕事を探していました。

そこで今までの経験を生かして、デザイン系の仕事に就きたいと思っていたのですが、なかなか希望する条件に合わずに、次の仕事が決まりませんでした。

失業給付の期限が近づいてきて、焦った私はとにかくできる仕事ならば、何でも良いと思い、たまたま紹介された倉庫作業の仕事に就いてしまいました。

その時はとりあえず繋ぎの仕事として始めたので、本職が決まったらすぐに辞めるつもりでした。

しかし、仕事をしながらの転職活動は、応募先の会社が今の勤務会社に気を使っているようで、なかなか採用には至りませんでした。

やはりすぐに仕事ができる人の方が採用されやすいように思います。

そのような理由や自分の希望条件が現実との差があり、なかなか本職の戻ることができませんでした。

今までずっと仕事でパソコン作業をしてきましたが、それからも離れてしまい、文明から取り残されたような感じになっていきました。

今ならどうする?

今、もし同じようなことになったとしたら、給料が安くても希望する職種に就くと思います。
さらに副業をしながら、収入を増やしていく対策を考えます。

自分がまったく希望しない職種に就くことは、生活をしていくためには仕方がないことです。
しかし、それが長期になってくると、会社でも責任のある立場になっていき、ますます辞めにくくなってしまいます。

実力がつけば、最初は少ない収入でも徐々に増やしていくことができます。
スキルアップをするためにも、できるだけ自分のやりたい仕事に関係したことをやっていく方が良いと思いました。

転職を目指している人アドバイス

どんな仕事に就いたとしても、何かを学ぶことができると思います。
しかし、腑に落ちない仕事に就いてしまった場合、さらに転職を繰り返すことになってしまいます。

生活のためだけに無理やり好きでもない仕事に就かないようにするためにも、自分なりの収入減を確保していくことが必要です。

どこかの会社に勤務する以外での収入があることで、経済的にも精神的にも安定してきますし、自分の好きな仕事がやりやすくなると思います。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.