さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

求人情報と面接時の情報に騙されてしまいました。

投稿日:2016年10月15日 更新日:

仕事の業界は?

紳士服(スーツ)の販売。

どうして失敗したのか?

就職活動中、この会社の求人情報では原則転勤無し、稀に九州内でありと記載されていました。また、面接の際にも同様の説明を受けました。

私には当時、妻と産まれたばかりの子供がいたので、可能な限り転勤や単身赴任は無いところで職場を探していました。

面接でも原則転勤無しの説明を受け安心したので、内定が決まった後この会社に就職を決めました。

しかし、実際働いてみると全く違う環境に驚かされました。
まず、入社して地元の福岡で働けると思っていたのですが、いきなり2年間東北に行ってくれと辞令が出ました。

これは転勤ではないのか?また、転勤にしても九州内ではないのか?と疑問に思ったため、やんわりと上司に聞くと、これは転勤ではなく出張だと言い切られました。

入社したばかりで、せっかく就いた職場だったので揉めることを避け、その辞令を受け入れました。

約2年して九州に帰ってくると今度は半年に1度のペースで引越しを伴う転勤を九州内でさせられました。

結果、常に一緒に引越しをしてくれていた妻が鬱になりかけたため、その会社を退社致しました。

今ならどうする?

まず、面接時には疑問に思っていることやモヤモヤしていることは必ずクリアに出来るように聞きます。

そして、もし面接時には甘いことを言われて入社しても実際に働いたときに全く話が違うことが起きたら面と向かって話が違う、と言うようにします。

もし、それでも強要されるようであれば、ハッキリと会社を辞める意思を伝えようと思います。

間違いを間違うという勇気と会社を辞める勇気、確かに難しいことかもしれませんが自分自身や自分にとっての大切な人やものを守るためには必要だと思うからです。

転職を目指している人アドバイス

上記にも記載させて頂いていますが、面接の際などには聞きたいことやハッキリさせたいことは我慢せずに聞いたほうが良いと思います。

確かに、就職を決めたいから、印象が悪くなるのでないか、など色々な考えはあるかもしれません。しかし、その結果、求めていないところに就職しても長続きしません。言いたいことを言う、聞きたいことを聞く、是非その勇気を出すようにして下さい。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.