さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

正社員採用かと思ったら、パート・時給扱いだった。労働条件はきちんと確認しよう

投稿日:2016年10月5日 更新日:

仕事の業界は?

製造業開発→製造業事務

どうして失敗したのか?

その会社はハローワークに求人を出したのですが、はじめ「製造業・軽作業・パート」の募集を掲載し、3日後に「製造業・経理事務・正社員」の募集を出しました。

私は最初「軽作業・パート」に応募し、履歴書にも「軽作業のパートに応募します」と書いてその会社に提出しました。

履歴書送付後に経理・正社員の応募が掲載されたので、面接のときに、「経理の経験があるので、経理・正社員を希望します。経理での採用が難しいのなら、軽作業のパートでも選考をお願いします」と、『第一希望は経理の正社員である。経理が不採用なら、軽作業のパートで雇って欲しい』という旨をはっきりと伝えました。

その時に、「経理の経歴を書いた履歴書と職務経歴書を出し直します」と言ったのですが、「いや、履歴書はどうせ同じものだから、出さなくていい」と言われました。

面接者は工場長で、それは製造軽作業の募集の面接だったので、後日に経理部長と面接した結果、経理事務として入社することになりました。

ですが待遇が「パート」だったのです。パートといっても短時間労働ではなく、1日8時間・週40時間の正社員と同じ労働時間です。

「パート」待遇で給与は「時給」で、その時給も「製造軽作業」の募集の時給でした。事務所での扱いも軽いものでした。
しかも入社前に、私と「パートで雇う」の協議はありませんでした。

その会社は、雇用契約書や労働条件通知書がありませんでした。
後から知ったのですが、創立から7年と若い会社で、従業員の入退社が多く、雇用契約がかなりいいかげんだったのです。

会社の言い分は、「履歴書にパート希望と書いてあるでしょ」とのこと。
もちろん私は納得いきません。会社側の募集は「軽作業・パート」と「経理事務・正社員」だったのです。

「経理のパート」という募集はありません。

私ももともと家から近いという募集動機だったのでそのまま仕事を続けましたが、責任ある仕事を任せれ始めたこともあり、パートの時給では納得できません。

不満が募り、半年後、おそるおそる社長に訴えました。

ハローワークの求人票を見せ、「軽作業・パート」と「経理・正社員」の募集で、履歴書には「軽作業のパートに応募します」と書いたが、その後に経理の正社員の募集が掲載され、希望は正社員だったのです、と。

また労働法の観点からも、こういう雇用の仕方はおかしいと思いますと言いました。

社長が経理部長を呼びつけて事情を問いただすも、経理部長は「この人はパート希望だと、工場長から聞いていた。履歴書にも書いてあったし」と苦い顔です。

工場長は工場長で「いえ、製造軽作業の面接は私がやりましたが、経理の面接をして経理として採用したのは経理部長でしょ」と譲らず。

私は私で「製造軽作業ならパートで納得できますが、経理なら正社員待遇じゃないと納得できません」

とやや泥沼に。

結果として、社長の裁量で、経理の正社員待遇にしてもらうことになりましたが、経理部長とも工場長ともしこりが残りました。

今ならどうする?

今なら絶対に雇用契約書か労働条件通知書を要求し、もしなくとも、給与待遇面は細かく教えてもらいます。

転職を目指している人アドバイス

この会社のように労働条件を明示しない会社は中小企業では多いと思います。
私は半年も我慢してしまいました。後悔しています。
給与・待遇は働く者にとって何より大事です。きちんと確認しましょう、お互いに!

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.