さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

引継ぎがうまくいかずダブルワークする羽目に

投稿日:2016年12月1日 更新日:

仕事の業界は?

接客業から接客業への転職です。

どうして失敗したのか?

引き継ぎに失敗しました。
派遣社員だったので代わりを出してもらったのですが、暗記系が難しかったようでまったく覚えてもらえませんでした。
しかも接客態度が悪く、お客様応対中に友達を見かけると、お客様を放置して走って行ってしまうような人でした。そのうえ、私が抱えていた内部的な業務も多かったことから引き継ぎに一か月以上を取ってもらったにも関わらず、うまくいきませんでした。
さんざん揉めました。「こんなたくさんは働けない」と、私の退職より先に彼女が辞めていきました。
その結果、しばらく「かけもち」で働く羽目になりました。私のせいではありませんが、責任を感じてしまい、断りそびれ、元の派遣先に請われるまま、しばらく働きました。
結婚を前に激務の派遣から、パートタイマーになるはずが結果的にダブルワークになり、ものすごくつらかったです。
体も壊して散々でした。

今ならどうする?

今なら、どんな手を使ってでも、私が在職中には引継ぎのひとを退職させないように頑張るでしょう。
それが無理であれば、パートタイマーの仕事は断り、ダブルワークはしないと思います。

転職を目指している人アドバイス

引継ぎが必要な仕事で転職や退職を考えている場合、こちらがどれだけ資料を作ったり教えたりしても、相手がすべてを受け止めてくれるかはわかりません。未経験の職種に来た人の場合は「向き/不向き」もあるため、やむをえないことと思います。
そんなとき苦労しないように、退職の少し前から、少しずつ、仕事の分量を減らしていくのも大事です。長く勤めれば勤めるほど、仕事の量は多くなりがち。それをひとりのひとにすべて負わせるのは酷なものです。周囲の人に仕事を移行することも難しいかもしれませんが、退職を決めたら、その段階で、仕事量の見直しをはかるのも大事なことだと思います。私のようにダブルワーク、ということになる人は少ないかもしれませんが、引継ぎが滞ると、なかなか辞めづらいという気持ちにはなると思います。
そうならずに転職できるよう、いろいろ見直しをしてみてくださいね。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.