さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

仕事の失敗談

大手企業の下請け会社に就職した失敗談

投稿日:2016年10月1日 更新日:

仕事の業界は?

私は以前、県内では有名なガソリンスタンドを退職して日本でも有名な大手企業の下請け会社に入社した時の失敗談です。

その前に勤めていたガソリンスタンドは給料も良くそこそこ待遇も良かったのですが事情があって退職しました。

初日からありえない

すぐに大手企業の下請け会社に就職は出来ました。

下請けとはいえ待遇や給料も良いと聞いていたので職業安定所を通しました。

面接も終えて初出勤の日上司より会社の説明を受け配属する場所に連れて行かれました。

そこは3人体制の場所でした。班長1人作業員2人の部署です。そこでは紙製の筒(紙管)を作る部署でした。だだっ広く薄暗く蒸し暑い部署でした。

作業開始の時間でしたが作業の説明もなくどうして良いか分かりませんでした。

すると班長がいきなり「何してる早く作業しろ」と怒鳴って来ました。

私は「は?」と思い説明とか何も教えてくれないの?と思いました。

なんと言う会社なんだと思いました。

別の作業員が少し教えてくれながらその日は終わりました。その後も班長は何も教えてくれないままでした。私は何という会社に入ったんだと思いました。

会社を選ぶのに失敗したなと思いました。

怪我の連続

それから1年1人で任される位になった時 作業中に滑って足首を骨折してしまいました。

入院して手術、リハビリと100日ほど入院しましたがその班長は一度もお見舞いには来てくれませんでしたね。入院中もフォークリフトの免許を取りに行かされたり、人間性を疑う班長ですね。

退院後仕事復帰した日も班長はいきなり残業を押し付けうまく動けないと 「なんだ、足が痛いのか?」と嫌味を言われる有様。

意地悪と言うか何とゆうか会社選びに失敗したなとつくづく思いました。

それから半年後 今度は右手中指を切断仕掛ける怪我をしてしまいました。

もうここでは勤められないと思い退職を決めました。

因果応報

ようやくその最悪の会社を辞める事が出来ました。ところが私が辞めた2ヶ月後、意地悪な班長は左手を肘から切断する大怪我をしたそうです。

勿論、私はお見舞いに行きました。

-仕事の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.