さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

入社前と入社後のギャップ!入社前にもっとリサーチしておけば…

投稿日:2016年10月15日 更新日:

仕事の業界

塾の教室長→求人広告の代理店。営業としてその会社には入社しました。

どうして失敗したのか?

入社前のリサーチ不足が原因です。
入社前の面接の時、もちろん福利厚生面や、業務内容に関して質問するタイミングはたくさんあり、都度気になったことは確認をしていました。

業務内容については、顧客に電話をして、求人広告を出さないか?という営業をかける→訪問+ヒアリング→契約→インタビュー+広告出稿→その後のサポートという内容でしたが、実際に業務を始めてみると、一日のほとんどがテレアポ。一日100件の電話かけは必須。

新規のお客さんばかりなので、いきなり電話をかけても取り合ってもらえないことがほとんどで、ほとんどアポイントが取れない日々が続きました。

アポがない日は当然オフィスにこもりっきり。「営業のくせに外に出ない人」という目で見られている気がしてとても居心地が悪かったです。運よくアポが取れて訪問、契約までいった時はもちろんうれしかったですが、その後の広告出稿の際、ライターがいるにも関わらず、仕事が間に合わないとのことで自分で結局原稿を書かされることもありました。

聞いていた業務ではない仕事がメインになることが多かったです。

また、福利厚生面では、入社後ある一定の数値に達成しなければ減給、ボーナスは入社1年目はなしということを聞いておらず、入社半年後のボーナス時期にやっと知るということもありました。

私の中では、ボーナスは初回はなくてもさすがに2回目以降はあるだろうという「勝手な思い込み」から確認をしていなかったので、結論自分が悪かったなと反省はしています。

今ならどうする?

とにかく、最悪のケースを考えて、転職先の仕事内容や契約内容の確認をするようにします。「おそらくこうだろう」という考えは、危険だなと思っています。

転職を目指している人にアドバイス

面接のときは、もちろん給与面など質問しすぎると悪い印象を与えがちなので、質問の仕方や内容には気を付けなければなりませんが、徹底した確認をせずに入社を決めてしまうと、入社前と後のギャップに悩まされることになります。

自分が気になること、入社してからここが違うと困る!という点を洗い出し、入社を決める前に確認をすることを強くお勧めします!

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.