さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

個人事務所はやりたい放題

投稿日:2016年10月1日 更新日:

仕事の業界は?

社会保険労務士の個人事務所です。社労士は事務所の代表一人、その他は資格なしのアシスタント事務で、私も事務として採用されました。

どうして失敗したのか?

法人ではなく、個人事務所に転職してしまったのが一番の原因です。

個人事務所は代表がやりたい放題で、止めるものは誰もいません。転職先では代表は毎日パソコンの前でぼーっとしており、本来すべきはずのクライアントの対応もまったくせず、社労士の資格がない事務員が対応していました。

社労士の仕事についての指導もなく、初日から40件ほどのクライアントを割り当てられ、社労士として対応するようにと指示されました。当然ながら指導はありません。

他の事務の人は教えてくれようという気持ちがあるのですが、自分の仕事に手いっぱいで余裕がありません。

個人事務所なので人数も少なく、休みを取ることもできません。

代表は定時に帰るのに、事務は早朝から出勤させられ、深夜まで毎日残業がありました。

もちろん無休です。給与も月給のはずが、土日という公休日を欠勤扱いされ、本来の2/3ほどしか支給されませんでした。あまりにひどいため退職を申し出ても、退職届を破り捨てるという暴挙に。

あまりにひどい扱いでしたが、それがまかり通るのが個人事務所です。

今ならどうする?

社労士や税理士事務所に転職するにしても、個人事務所は絶対に避けます。また、資格者が代表一人だけの事務所も避けます。一人で何とかなるわけがなく、無資格でクライアントを騙して仕事をすることになるのは明らかです。また、自分自身も資格を取得し、どのような仕事を振られても対応できるようにします。

転職を目指している人へのアドバイス

個人事務所だけは辞めた方がいいです。だいたい独立している代表は一癖ある人がほとんどです。好き勝手にこき使われるのが嫌なら避けるべきです。

また、資格やそれに準ずる知識(会計事務所なら簿記など)がないところへ飛び込むのは自分を追い込むことになるのでおすすめできません。仕事をしながら勉強というのは本当に大変です。

残業が多く、深夜に帰宅していつ勉強ができるのか?

疲れて休日休みたい中、本当にできるのか?

私のように失敗しないためにも、あまり背伸びせず、自分でできる自信がある分野に飛び込むのがいいと思います。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.