さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

何が何でもという考えで入ったら大変なことに

投稿日:2016年12月2日 更新日:

仕事の業界は?

IT業界から製造業界への転職でした。

どうして失敗したのか?

IT業界のプログラミング仕事を人間関係が悪化したことに耐えきれなくなって辞めたので、畑違いの仕事をしようと決めて転職活動をしました。
そこで、人間関係が親密になれる中小規模の会社を志望して転職しました。業界や仕事内容は全く考えておりませんでした。仕事内容は部品の機械取り付け作業が中心の工場作業でしたが、手先が予想以上に不器用だったため、部品を落として壊したり、機械のローラーに手袋が入って壊してしまったりするミスを犯してしまい、会社に、かなりの損害を与えたことによりクビになってしまいました。

今ならどうする?

転職活動をする際に、自分の適性を無視して何が何でもやろうと、手当り次第にIT業界以外の仕事を探す方法を取っていました。
この為、仕事で求められる手先の器用さや基本的な知識を一切考えずに求職活動を続けた結果、自分の適性とは完全にミスマッチした仕事についてしまい迷惑を掛けてしまいました。
なので、まず自分は何ができるのかや、どんな知識を持っているのかなどを適性検査などを受けて、それらの情報を整理してから実際の転職活動に突入する方法を取ると思います。
面接などの選考過程で企業側が求めている能力や知識を十分に聞き出すなど把握して、適性とマッチすれば仕事先で大きなミスを犯すようなことは少ないと思います。

転職を目指している人アドバイス

転職活動を始める前に、ネットなどで適性検査などを1回受けてから実際の行動を起こす方法を取った方が良いと思います。
そして、その結果を十分に把握した上で、企業に応募したり面接したりする流れを取るべきではないかと思います。可能であれば、面接において企業側に志望している仕事内容の詳細を聞き出して自分の思っていた仕事と比べてみるもの良いと思います。
そこでマッチすることができれば、転職先でも上手くやっていけると思いますので頑張ってください。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.