さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

面接の失敗談

会社の社長の名前を間違えた

投稿日:2016年12月2日 更新日:

まずは仕事探し

前職で技術職をしており、体を動かす仕事につきたくてハローワークに探しに行きました。
条件は車を持っていなかったので家からなるべく近いところ、そして少しでもいいので前職より給料が高い所で探すと2件ありました。
前職と同じ溶接が出来るるところと、土木の仕事でした。
一度きりの人生だし色んな仕事を経験してみたく、土木の仕事を受けてみることにしました。
しかし、ハローワークの職員に「経験者優遇と書いてるからあなたは難しいよ?それでも受ける?」と言われ自分は負けず嫌いな性格なので「絶対そこにします」と言い職員の言葉を無視しました。
会社名や給料などを聞いて代表の名前を聞きました。
そして先に履歴書を送ってくれと言われたので帰って書くことにしました。

間違いに気付かず送付

帰ってから、まずは受ける会社の事をネットで検索してみました。
どんな仕事をやっているところか、社員の数やどのような考えをもった会社なのか等を調べ、面接に備えました。
すると、代表者の名前が2名書いていました。
どちらかが親の社長で、どちらかが息子みたいでした。
その後調べても分からなかったので、どちらかの名前をかけば大丈夫だろうと思い、書いて送付しました。数日後電話があり、いつなら会社に面接に来れますかと連絡がきました。
すぐ明日行きますと連絡してその日は寝ました。

やってしまった

当日、面接でガチガチに緊張しながら行くと二人の面接官に出迎えられました。
いよいよ面接です。すると座るやいなや、面接の前にお話がありますと言われました。
「まず履歴書を見ましたが、会計部では募集していません」と言われました。
なんのことか訳もわからない顔をしていると、その人の胸元には会計部兼専務と書いていました。
私はあろうことか社長ではなく全く募集していない会計部の方に送ってしまっていたのです。
社長と専務の名前を間違えるとはなんたる失礼に値するか、とても冷や汗が出てきました。
しかも、どっちでもいいだろうと甘く考えていた自分が恥ずかしく思いました。
顔が真っ赤になりその場で大変失礼しましたと謝罪し、理由を説明して無事に何とか面接が終了しました。
若い人が少なくて困っていた為、何とか受かりました。
受かった後の今でも「あんなことしたのおまえが初めで最後だわ」と現在でもおちょくられます。

次回からは

次に転職するときはもっと緊張感をもって調べ、分からなかったらハローワークでもその会社でも聞くようにしないといけないと思いました。

アドバイス

今回私がした行動は、とても軽率でやってはいけない行為です。
相手の名前を間違うことは一番失礼なことです。
皆さんは間違えないと思いますが、送付の前にはちゃんと何度も確認してから送った方が間違いは無くなるので気をつけて下さい。

-面接の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.