さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

仕事の失敗談

バス路線の確認をしっかりと行っていなかった

投稿日:2016年12月2日 更新日:

仕事の業界は?

私は32歳の主婦をしております。
高校卒業してから地元の食品工場に勤務していましたが、4年後に経営不振になってしまい倒産してしまいました。
そして知人の紹介で事務職にて再就職する事が出来ました。
食品工場から事務職に転職した私の失敗談を掲載します。

どうして失敗したのか?

それまで食品工場しか経験が無くパソコンスキルもワードやエクセルを少し使える程度でしたが、事務職への転職を機に短期間で猛烈に勉強を行いました。
それまで立ち仕事がメインとなっていましたので、デスクワークは眠気との格闘にもなりましたがそれでも深夜遅くまで勉強しました。
そして初出勤当日、何かあってはいけないと思い朝5時に起床しました。
職場まではバスを3か所乗り継いで1時間程となっており、6時半起床でも十分に間に合う距離でしたが心配性の私は早起きをしたのです。
そして意気揚々と自宅から出てバス乗り場へ向かいました。
そして1本目のバスに乗り込み、パソコンの本を熟読していました。
乗り継ぎ場所で降り、次のバス乗り場へ向かおうとしていた時でした。
ポケットに入っていた携帯電話が無いのです。
自宅を出た時はしっかりと持っていたのは把握していたので「バスに忘れた」と気が付き降りたバスへ走っていきました。
バスは発進前だったので無事発見する事が出来たのですが、次に乗る予定のバス時刻が間近となっていました。
私は大急ぎで走りバス乗り場へ行くとバスが居ました。
「間に合った」と思い一安心し、また本を読み始めました。
そして5分頃たった時、調べたルートには無い停留所に何回も止まる事に気が付きました。
「まさか」と思い、運転手さんに聞いてみると「そこ行きはもう1本前のバスです」と言われました。
慌てて降りさっき乗ったバス乗り場へ走りました。
「初日から遅刻するわけには」との思いで走りました。
そして到着すると1本のバスがおり、運転手さんに確認を行った所このバスで合っていました。
出社時間よりは早く着いたのですが、すでにクタクタでした。
初めてのルートだったので本を読むよりもルートをしっかりと把握する事の重要性に気が付きました。

今ならどうする?

現在は何事も初めて取り組む際には十分な確認を行う様にしています。

転職を目指している人アドバイス

新しい業種へ転職される方も多いと思われますが、何事も初めは十分な確認を行ってから行動する事が重要となります。

-仕事の失敗談

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.