さまざまな方の転職したときの失敗談をまとめたサイトです。

転職体験談まとめ

転職の失敗談

スキルを過大申告したことで入社後に苦労

投稿日:2016年12月2日 更新日:

転職活動で応募した職種

サービス業から事務員への転職応募でした。

転職先で失敗した内容

実務経験もないのに、面接のときにスキルを過大申告したので仕事が始まってから嘘がばれました。入社後に、スキルを盛ったことについて咎められたり、責められたりしたことはなかったですが、日々の業務に支障が出ていることは間違いないので言うまでもないと思われて、敢えて指摘されなかったのかもしれないです。
言われない方が怖さも倍増しました。必須スキルであった一つの項目ができませんでしたが、職種から推測するとそんなに日々の業務で使わないだろうという身勝手な判断のもと、堂々とスキル盛りをしてしまいました。

スキルの過大申告をしたことで出た支障

それほどできないことを、ある程度であれば可能と言ったことで、その仕事がまわってきた時にどうやるのか聞きながら進めていったので、進捗率が落ちます。
そういう空気のなかでの仕事は、自業自得とはいえ辛いものになってしまいました。
自分が悪いのはもちろんのこと、自ら人に言われるネタを与えてしまったので、嘘をついた部分においての仕事を覚えるまで地獄でした。

嘘をついた理由と後悔していること

入社基準スキルを満たしていないにも関わらず、何としてでも入社したかったという情熱だけは一丁前にあったので、スキル盛りをしました。
しかもたちの悪いことに、どうにかなるでしょうという楽観ぶりだったので、その度胸をもっと別の方面に使えば良かったのにと後悔しています。
入社まで時間があったのにも関わらず、できると嘘をついたスキルの勉強をするなり予習をしていればいいのに、多少でもおぼつかないながらも、やれる様子があれば決して嘘をついたとは言いにくい部分もあるからです。

私が失敗した点

面接、応募の時点で、必須スキルの一つである○○はできませんが応募して可能でしょうか、とせめてその一言があればまた違ったものとなった気がします。
それならそれで、その前提で相手も考えて、その時の現状スキルに合っている部署に配属されるからです。入社後にそう感じました。
だから嘘はつく必要なんてなかったです。むしろ自分の首を締めるだけでした。できるであろうという前提で先方は仕事を持ってくるので、信頼関係を自ら崩す真似をしてしまったことは非常に良くなかったと反省しています。

今であればどうしているか

応募要件スキルをすべて満たしていなくてもどうしても応募したいというのなら、正直にありのまま現状スキルを話します。
応募必須スキルのなかの一つの項目に及ばず、という状態でしたがそのことをそのまま話して相談します。それでも応募可能かどうか諦めずに聞いてみます。

転職を成功に導くためには

スキル盛りやスキルの過大申告は、本人のいないところで、あの人本当はこれができないみたい、どうして応募したのだろう、と言われる可能性が高いです。
信頼されないことで、もしかしたら古い言葉で言うところの窓際社員になるかもしれません。
今は社内ニートという表現もありますよね。何にしても自ら辞めるように仕向けられることも十分ありうるのがスキルの嘘申告です。職種によっては解雇事由にも該当しかねないだけに、身の丈に合った転職先を探すことが自分自身のためです。

-転職の失敗談
-

Copyright© 転職体験談まとめ , 2019 AllRights Reserved.